喪中はがきは胡蝶蘭の柄で!適切な時期に送ろう

切手の部分が胡蝶蘭の柄になっているはがき。
この胡蝶蘭のはがきを喪中はがきとして利用している人も多いですが、胡蝶蘭のはがき自体は喪中はがきとして販売されているわけではありません。
喪中はがきではないという事は、普通のはがきとして利用することも出来るのでしょうか?

胡蝶蘭のはがきは喪中はがきとして利用するのがベスト

胡蝶蘭のはがき自体は、通常はがきとして販売されています。
しかし、胡蝶蘭のはがきは落ち着いた柄という事で、喪中はがきとして利用する人がとても多いんです。
その為、一般的に胡蝶蘭のはがき=喪中はがきというイメージがついてしまっています。
胡蝶蘭のはがき自体は暑中見舞いなどに使う事も可能ですが、喪中はがきとして完全に定着してしまっているので、胡蝶蘭のはがきを送ると、受け取る相手も喪中はがきだと思ってしまうんです。
他の理由で胡蝶蘭のはがきを送ると、喪中だと相手が勘違いしてしまったり、不快に思う人もいるので、胡蝶蘭のはがきは喪中はがきとして利用するのがベストです。

喪中はがきを送る時期は?

喪中はがきを出す時期は、相手の事情も考える必要があります。
11月になると年賀状の準備を始める人も出てくるので、相手が余計な手間をかけなくてもすむように、11月上旬から12月の初めには喪中はがきが届くようにを送りましょう。
どんなに遅くても、年賀状の受付開始日までには送るのがマナーです。
喪中はがきを作るのは意外に手間がかかるので、10月から準備をすると、ギリギリで喪中はがきを出す事態は防げます。

胡蝶蘭のはがきは喪中はがき以外に利用すると、相手に不快感を与える事になります。
必ず、喪中はがきとして、そしてその喪中はがきは適切な時期に送るようにしましょう。