白赤の胡蝶蘭をお祝いに使うことを考えるなら

白赤の胡蝶蘭とは

胡蝶蘭と言えば真っ白なものやピンク色のものが有名です。お祝いなどのシーンでもよく見かけることがあるでしょう。ですが真っ白やピンク以外にも種類はあります。中でもよく知られているのが白赤の胡蝶蘭です。
白の花弁に中心部がポツンと赤くなっているので、白赤と呼ばれることもあります。このような胡蝶蘭は、さまざまなお祝いに使えることで人気が高くなっています。白だけではなく赤が入ることで華やかになりますし、白赤の胡蝶蘭には花言葉もないので使うシーンを選ぶことがありません。どんな時にも使いやすいお祝いの花として、多くのシーンで使われる花なのです。

白赤の胡蝶蘭にも種類がある

白赤の胡蝶蘭は、赤リップと呼ばれることもあります。真ん中の赤色が唇のように見えることから、このように呼ばれます。もちろんこの白赤の胡蝶蘭にも大輪や中大輪、小さなタイプなど種類が存在します。お店などへのお祝いに使うなら大輪の胡蝶蘭は見栄えもしますし使いやすいでしょう。
特に白赤の胡蝶蘭は、赤と白が使われるのでめでたい雰囲気があります。もちろんお店などにプレゼントするなら、そのお店のイメージなども確認しておくことが大切です。派手すぎないほうが良い場合や、もっと見栄えのする色を選ぶほうが良い時もあるからです。
ですがビジネスシーンでも個人的なお祝いでも、白赤の胡蝶蘭は最も使いやすいカラーと言って良いでしょう。